Webライター

【体験談】大学生に在宅ライターがおすすめな5つの理由と仕事内容&給料の相場を徹底解説

大学生の中には

  • 在宅ライターってどうかな..
  • 評判はどう?
  • どうやってなるの?

と考えている方も多いと思います。

その気持ちとても良く分かります。

私も「アルバイトに行くのが辛いし、家にいながら、稼げるようにならないかなぁ」と思っていた時期がありました。

在宅ライターは、案件が非常に多く、自分のペースで働きやすいと評判の職業です。

Nosuke
Nosuke
私自身在宅ライターを半年ほどやってますが、めちゃくちゃ良いです!

そこで本記事では、在宅学生ライター歴6ヶ月の私が以下3点を解説します。

  • 大学生に在宅ライターがおすすめの理由
  • 在宅ライターの仕事内容・給料相場
  • 大学生が在宅ライターを始める方法

すべてを読めば、大学生に在宅ライターがおすすめな理由や始める方法が分かるようになるでしょう。

大学生に在宅ライターがおすすめの理由5選

大学生に在宅ライターがおすすめの理由は以下5つです。

それぞれを詳しく紹介していきます。

1-1.就職活動で話のネタになる

1つ目は、「就職活動で話のネタ」になることです。

「Webライターで稼いでました!」という学生は中々いないため、印象に残りやすいでしょう。

また、IT系の会社であればライターをしていた経験が、自己PRや志望動機により説得力を与えることができます。

Nosuke
Nosuke
徐々に増えてきていますが、ライターやってる学生は本当にいませんよ。

やるなら今がチャンスです!

Webライターをやっていた経験は、就活において大きなアドバンテージになるでしょう。

1-2.月10万円以上も狙える

在宅ライターになれば、月10万円以上も狙えます。

Nosuke
Nosuke
実際、僕の8月の月収は13万程でした。

私はまだまだですが、中にはライター業で、月20万以上稼ぐ学生がゴロゴロいるのも事実です。

在宅ライターをやったら、すぐに10万稼げるようになるわけではないですが、普通のアルバイトをやるよりは現実的かと思います。

1-3.業界に詳しくなる

ライター業をこなしていく過程でその業界に詳しくなります。

様々な情報を見たり、書いたりしていく内に、業界に対する知見が得られるようになるでしょう。

また、業界に詳しくなるメリットは以下の通りです。

  • 高単価案件が受注できる
  • クライアントから信頼される
  • 自分の強みができる
Nosuke
Nosuke
僕もエンジニア系の記事を書いていく内に、今はエンジニア業界に詳しくなりました!

在宅ライターになることで、単純なライティングスキルだけでなく、業界に対する知見が得られるのでおすすめです。

1-4.時間や場所関係なく仕事ができる

在宅ライターは、その名の通り「時間や場所関係なく」仕事ができます。

Nosuke
Nosuke
事実、僕はファミレスに籠って作業することもありますよ。

大学生は作業しやすい

PCとネットさえあれば、どこにいても作業できます。

そのため、大学生であれば、図書館で調べものをしながら作業することも可能です。

Nosuke
Nosuke
ライティングに関する本も沢山あるのでおすすめですよ。

「バイトがあって遊びを断った経験がある」「旅行先で仕事をしてみたい」方は自由に働ける在宅ライターを目指してみてはいかがでしょうか。

1-5.案件が沢山あるため、仕事探しに困らない

案件が沢山あるため、仕事探しに困りません。

事実、クラウドソーシングサイトで調べてみると、11万件の案件が見つかりました。

出典:Lancers

今はWebメディアを持つ会社が多くなってきていて、ライターの需要は上がっています。

そのため、今からライターとしての力を付けていけば、フリーランスライターになれる可能性が十分あるでしょう。

在宅ライターの仕事内容・給料の相場

在宅ライターの仕事内容・給料の相場について紹介していきます。

それぞれを詳しく紹介していきます。

2-1.仕事内容

在宅ライターの仕事は、主にWebメディアの記事を執筆することです。

クライアントから「○○というKWで記事を書いてください!」と言われるので、ライターさんは依頼されたものをゴリゴリ書いています。

Nosuke
Nosuke
僕の場合、看護師や介護士関連KWであることが多いですね。

色々な種類の記事がありますが、なるべくジャンルを絞って応募した方が、業界にも詳しくなれるので、おすすめです。

2-2.給料の相場は3万~5万円|ただ、10万円も全然狙える

在宅ライターの給料の相場は、月3万~5万円ほどです。

月5万稼ぐ収入例

文字単価の場合

文字単価1円の案件を5万文字こなす。

1週間当たり1万2,000時程度の執筆が必要。

記事単価の場合

記事単価5,000円の案件を10本こなす。

1週間当たり1~2本こなす必要。

Nosuke
Nosuke
大半は文字単価での募集です。

Webライターとして月5万円稼いでいる学生の方を以下に紹介しておきます。

今月は月収5万円!

補足:月収10万円も狙えます

「10万稼ぐのはこの作業量の倍をやらなければならないのか…」と思った方も多いかと思います。

ただ、そんなことはありません。

Webライターのいい所は、やればやるほど時給単価が上がるところです。

  • 単純に書くスピードが上がる
  • 業界に詳しくなり、濃い記事が書けるようになって、単価が上がる

Webライター限らず、IT業界はスキル第一なので、スキルが高ければすぐに10万円は突破できますよ。

Nosuke
Nosuke
僕の場合、時給制なので「時給1,300×週20時間×4」で月10万円という感じです!

今は時給単価を上げられるように頑張ってます。

大学生が在宅ライターを始める方法5選

大学生が在宅ライターを始める方法5選は以下5点です。

それぞれを詳しく紹介していきます。

3-1.リモートインターンに参加する

リモートインターンに参加する方法です。

インターンの特徴は以下の通り。

  • 安定して稼げる
  • 昇給性でなので、スキルさえあれば稼げる
  • リモートのアルバイトというイメージ
Nosuke
Nosuke
現在僕はリモートインターンで在宅ライターやってます

また、そのWebライターインターンの体験談に関する記事を以下に載せたので、ぜひ参考にしてください。

»【体験談】Webライターのインターンに6ヶ月間行ってわかったメリット・デメリット

3-2.知り合いから案件を貰う

知り合いのライターから案件を貰う方法です。

クラウドソーシングと比較して、文字単価が高い傾向があります。

ただ、知り合いのライターがいる人限定の方法なので、難易度はこの中では一番高いです。

Nosuke
Nosuke
ライターさんのオフ会に行って、人脈や仲良い人を増やすのもありです。

3-3.コミュニティやサロン経由で獲得する

コミュニティやサロン経由で獲得する方法もあります。

サロン内で、仕事の募集をしている所は多いです。

ライターのコミュニティでは以下のものがあります。

  • FleelanceNow
  • まるも
  • 人生逃げ切りサロン
Nosuke
Nosuke
人生逃げ切りサロンは、以前僕も入っていて、色々学んでました

3-4.クラウドソーシングで案件を取る

一番メジャーなのが、クラウドソーシングで案件を取る方法です。

Nosuke
Nosuke
案件の数は10万を超えており、Webライターを始める人の多くが、クラウドソーシングからです

特に難しい登録などが必要ないため、一番始めやすくおすすめです。

3-5.TwitterなどのSNSを使って案件を取る

TwitterなどのSNSを使って案件を取る方法です。

SNSでWebメディアの運営者さんがライターを募集し、それに対してDMで応募する形です。

Nosuke
Nosuke
Twitterでライターさんの募集は結構見ますよ。

「副業・フリーランス」を募集してます

中には「未経験でもOK」の募集もあるのでおすすめですよ。

【注意】在宅学生ライターがやってはいけない3つのこと

在宅学生ライターがやってはいけないことは以下3点です。

それぞれを詳しく紹介していきます。

4-1.ライター業にのめり込み過ぎない

1つ目の注意点としては、ライター業にのめり込み過ぎないことです。

ライターの仕事に力を入れすぎて、本業の勉強を疎かにしてしまうケースはよくあります。

Nosuke
Nosuke
僕の知り合いのライターでも留年している人がいました。

そのため、勉強とライター業をバランスよくこなす能力が求められます。

4-2.低単価案件ばかりこなさない

低単価案件ばかりやることも辞めておきましょう。

最初の1~5記事は『実績を取る』為にも低単価の案件をこなすことはむしろおすすめします。

ただ、ずっと低単価な記事を書いていても、いつまで経っても月10万円は目指せません。

そのため、ある程度実績ができたら「今よりも単価の高い案件に応募する」意識を持っておきましょう。

Nosuke
Nosuke
目安としては、文字単価1円以下は低単価の案件と言えます。

4-3.適当に記事を書く

目先のお金を求めて、適当に記事を書いて早く終わらせようとすることはやめましょう。

低品質な記事を書くことで以下のデメリットがあります。

  • 報酬が100%貰えない可能性がある
  • 継続案件はまず不可能
  • 単価がずっと上がらない
  • 自分の成長に繋がらない
Nosuke
Nosuke
低品質な記事はクライアントさんへ迷惑がかかるだけでなく、評価が低くなってしまうので、今後の案件受注に影響します

そのため、常に100%で記事を書いて、クライアントに喜んでもらうことを意識しましょう。

大学生は在宅ライターになって高収入を狙おう

今回は、大学生に在宅ライターがおすすめな理由を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

在宅ライターは、就活での強みになったり、時間や場所に関係なく始められるので、余裕がある大学生であれば、ぜひ挑戦してみましょう。

【現役ライターが解説】大学生Webライター全知識|メリット&注意点と月10万円稼ぐ方法【大学生のWebライター事情について徹底解説】Webライターの仕事内容とメリット/注意点、Webライターの始め方、月10万稼ぐために必要なことを解説しています。Webライターを検討している大学生ぜひ参考にしてください。...

あなたの大学生活がより豊かになることを願っています。

ABOUT ME
Nosuke
大学1年生18歳|現役Webライター|スキル0からライターインターンへ|月6桁収益3ヶ月継続|【ジャンル:IT、勉強、大学生活】|当ブログ「NosukeのPC大学」を運営中。自ら行動を起こし、皆さんの決断の手助けになれるようなブログを書いていきます。

月100万円を稼ぐWebライターを目指すなら「WritingHacks」

WritingHacksは、高品質・高単価なWebライターを目指すオンライン講座。ライターとしての心得から本質的なテクニックまで学べます。

月100万以上稼ぐ現役ライターの無制限サポートが付いています。
「稼げるWebライター」を目指すならWritingHacks。